Apple、11月28日の「ブラックフライデー」と12月1日の「世界エイズデー」の売上の一部を(RED)に寄付へ

本日、Appleが、12月1日の「世界エイズデー」に合わせ、当日にAppleが販売するすべての製品、アクセサリ、ギフトカードの売上金額の一部を、AIDS対策のために「世界エイズ・結核・マラリア対策基金 (RED)」へ寄付する事を発表しました。
SS 2014-11-24 13.14
これに合わせ、公式サイトでは特設ページが公開されています。

また、ブラックフライデーである11月28日(金)の売上金額の一部も同様に寄付されるとのこと。

 ・プレスリリース

関連エントリ

Apple、HIV支援団体(RED)との活動をApp Storeにも拡大 ー 期間限定で対象アプリの収益を寄付へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。