「iPhone」で「Kinect」センサーが使えるようになるアプリが登場

「iPhone」とMicrosoftの「Kinect for Windows v2 センサー」を接続して、モーションテストなどを行う事が出来るちょっとマニアック向けなアプリがApp Storeで配信されている事が分かりました。
117 その名も「Kinect v2 Viewer」というアプリで、「iPhone」から「Kinect for Windows v2 センサー」のデータにアクセスでき、左右のスワイプ操作でキューブを回転させるモーションテストやバーチャルリアリティを体験出来るVRテストを行う事が出来るアプリとなっています。
(注意:Kinectを使って他のゲームが操作出来る訳ではありません)

デモビデオが下記動画で、使用するには公式サイトから「PC Server」ソフトをダウンロードする必要があります。


なお、価格は100円で、遊ぶには「Windows 8」以降を搭載したPC上で動作する「Kinect for Windows v2 センサー」が必要です。

Kinect v2 Viewer
価格:¥100 (記事公開時)

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事