4.7インチ版「iPhone 6」のベンチマークスコアが明らかに?! A8プロセッサはデュアルコア/1.4GHzでRAMは1GBか

先日、実際に動作している「iPhone 6」と思われるデバイスを撮影した実機写真を公開していた中国のWeiboユーザーである@瑞记氏が、4.7インチ版「iPhone 6」のGeekbenchのベンチマークスコアやスペックに関する情報を公開しています。
81_1410247539.jpg_600x600
Geekbenchに表示されたスペックによると、4.7インチモデルに搭載されているA8プロセッサはデュアルコアで動作周波数は1.4GHz、RAM(メモリ容量)は1GBとなっており、「iPhone 5s」(最大1.3GHz/1GB)と比べて動作周波数は0.1GHzアップし(最大1.4GHzの場合)、メモリ容量は同じままです。
ip6geek
また、ベンチマークスコアはシングルコア時が1633、マルチコア時が2920となっており、「iPhone 5s」のスコア(1400/2550)に比べるとマルチコア時で約20%パフォーマンスが向上しています。

同氏は、その後も「iPhone 6」のスペックに関する情報を多数公開しており、一部をまとめると下記の通り。

 ・ディスプレイ解像度は1334×750ピクセル
 ・重さは129.1g
 ・リアカメラは800万画素
 ・フロントカメラは130万画素
 ・Touch IDの認識精度と速度の向上
 ・現在のところ「iOS 8」にNFCの設定項目は見当たらず

ただ、同氏が公開していた実機とされる「iPhone 6」が本物かどうかも怪しい部分もあり、このスコアなどが本物かどうかはまだ分かりません。

関連エントリ

ついに動作する「iPhone 6」の実機写真が流出か

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。