「iPhone 6」は4.7インチと5.5インチの2モデル構成で9月発表か?! 曲面ディスプレイは採用せず?!

本日、South China Morning Postが、次期iPhoneこと「iPhone 6」の試作機を見たという業界関係者によると、Appleは9月に4.7インチと5.5インチの「iPhone 6」を発表すると報じています。


「iPhone 6」のディスプレイはサファイアクリスタルガラスが採用され、ピクセル密度は「iPhone 5s」の326ppiより高い441ppiになり、「iPhone 6」の発売後も「iPhone 5s」は販売が継続されるものの、「iPhone 5c」は販売終了となるそうです。

また、一部で「iPhone 6」のディスプレイは曲面ガラスを採用すると言われていましたが、業界関係者は「iPhone 6」はフラットなディスプレイを搭載していると述べており、最終的なデザインの確定は4月になるとのこと。

これまでの情報をまとめるとディスプレイサイズが4.7インチと5.5インチになる事はほぼ同じ内容で報じられていますが、ディスプレイに曲面ガラスやサファイアガラスを採用する事については情報が二転三転しており、様々な試作機をテストしている事が予想出来ます。

[via 9 to 5 Mac


関連エントリ


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事