Apple、サファイアガラスを「iPhone 6」ではなく「iWatch」に採用か?!

AppleはGT Advanced Technologiesと提携し、米アリゾナ州でサファイア部品の製造を開始する予定で、そのサファイア部品は次期iPhoneこと「iPhone 6」のディスプレイに使用されるものとみられてきましたが、「iPhone 6」ではサファイアガラスは採用されず、サファイアガラスは「iWatch」で採用されるとの情報が出てきました。


台湾のサプライチェーンの関係筋によると、Appleは「iPhone 6」にサファイアガラスを採用する事に取り組んでいたものの、サファイアガラスを採用する事で(iPhoneの)価格が高くなってしまう事から断念し、代わりに「iWatch」にサファイアガラスを採用するとみられています。

なお、「iWatch」は2インチのディスプレイが特徴になるとのこと。

[via MyDriver / Apple Insider

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事