ソフトバンク、リストバンド型の新型活動量計「Fitbit Force」を2月14日より提供開始

本日、ソフトバンクモバイルが、スマートフォン向け健康管理「SoftBank HealthCare(ソフトバンク ヘルスケア)」向けに米Fitbit社のリストバンド型活動量計「Fitbit Force」の提供を2014年2月14日より開始すると発表しました。


「Fitbit Force」は、歩数、距離、消費カロリー、睡眠時間に加えて、上った階数が測定でき、スマートフォンの「SoftBank HealthCare」アプリケーションから確認する事が可能で、新たに搭載されたディスプレーからも測定データや時刻をチェックする事も可能となっています。

なお、料金などの詳細はこちらをご覧下さい。

また同時に、乗るだけで測定データがクラウド上に自動送信され、スマートフォンで簡単に健康管理ができる、3G通信機能を搭載したスマート体組成計 SoftBank 301SI」の予約受付を1月31日より開始する事も発表しています。


関連エントリ

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事