Fitbit、OLEDディスプレイや高度計を搭載した新しいリストバンド型活動量計「Force」を正式に発表

本日、Fitbitが、新しいリストバンド型活動量計「Force」を正式に発表しました。

「Force」は「Flex」の基本機能に加え、OLEDディスプレイと高度計が新たに搭載されており、価格は129.95ドル(約12,500円)で米国では本日よりオンラインストアで販売が開始されるとのこと。

「Force」に搭載されているディスプレイは、時計や各種フィットネスステータスを表示させる事が出来る他、「iOS 7」を搭載したiOSデバイスとペアリングさせる事で名前や電話番号といった着信情報も表示させる事が可能となっており、高度計は階段の上り下りなどを測定する事が可能になっています。

また、Bluetooth 4.0を利用してiOS及びAndroid端末と同期する事が可能で、バッテリーはフル充電時の連続使用可能時間は7〜10日となっており、防水性はあるものの、シャワーや水泳の時は利用出来ないようです。

なお、日本での発売はまだ不明ですが、ソフトバンクが「SoftBank HealthCare」(ソフトバンク ヘルスケア)の新製品として提供するものと予想されます。

 ・Fitbit Force

[via The Verge

【関連エントリ】
 ・Fitbit、ディスプレイや高度計を搭載した新しいリストバンド型活動量計「Force」を発表へ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。