「iWatch」などのウェアラブルデバイスの製造、各社とも歩留まり率の問題に直面か?!

DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋によると、Appleの「iWatch」やQualcommの「Toq」などのウェアラブルデバイスの製造に関して、金属粉末射出成形(MIM)による筐体の表面処理が困難な為、その歩留まり率は50%以下のようだと報じています。

(image source:Thomas Bogner氏)


金属粉末射出成形による部品は、これまで主に製品の内部に使用されてきたが、今は外部デザインの一部となりつつあり、表面処理が製品の外観の為の重要なプロセスになってきているようです。

関連エントリ

スポンサーリンク