「iWatch」などのウェアラブルデバイスの製造、各社とも歩留まり率の問題に直面か?!

DigiTimesが、サプライチェーンの情報筋によると、Appleの「iWatch」やQualcommの「Toq」などのウェアラブルデバイスの製造に関して、金属粉末射出成形(MIM)による筐体の表面処理が困難な為、その歩留まり率は50%以下のようだと報じています。

(image source:Thomas Bogner氏)

金属粉末射出成形による部品は、これまで主に製品の内部に使用されてきたが、今は外部デザインの一部となりつつあり、表面処理が製品の外観の為の重要なプロセスになってきているようです。


関連エントリ


スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事