Microsoft、「Kinect for Windows v2 Developer Preview Program」の追加募集を発表

Microsoftは先月下旬に「Kinect for Windows v2 Developer Preview Program」を開始し、「Kinect for Windows v2」センサーのプレリリースバージョンと「Kinect for Windows software development kit(SDK)」のベータ版を数千人の開発者へ提供し始めた事を発表していましたが、本日、同社が「Kinect for Windows v2 Developer Preview Program」の参加者を新たに500名追加で募集することを発表しました。

参加費用は399ドル(約40,000円)で、SDKのベータ版などへのアクセスや全てのAPI及びサンプルドキュメントへのアクセス、プレリリース版及びアルファ版センサーなどが提供されます。

なお、申込み及び詳細はこちら

関連エントリ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。