オーストラリアでの「iPad」発火騒動、発火したのは「iPad Air」ではなく旧モデルだった事が明らかに

先日、オーストラリアのボーダフォンストアで「iPad Air」が爆発炎上するといった騒動がありましたが、発火した「iPad」は当初伝えられた「iPad Air」ではなく旧モデルだった事が明らかになりました。

(image source:Daily Mall)


関係者は発火した「iPad」が何世代のモデルかは明確にはしていないものの、Retinaディスプレイを搭載した旧モデルと明らかにしたそうです。

なお、Appleは原因を調査しており、発火したのは「iPad (第3世代)」か「iPad (第4世代)」のどちらかの模様。

[via Mashable

【関連エントリ】
 ・オーストラリアで「iPad Air」が爆発する事件が発生

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。