台湾TSMC、Appleの次期「Aシリーズ」チップを供給へ

DigiTimesが、業界筋によると、台湾のTSMCと同社のIC設計サービスパートナーであるGlobal Unichipは、20nm/16nm/10nmプロセスで製造される次期「A」シリーズチップを供給する事でAppleとの3年契約を獲得したようだと報じています。

(画像はA7チップのイメージ画)


TSMCは2013年7月から「A8」チップの少量生産を開始し、2013年12月以降に生産能力を増加させ、更に2014年第3四半期末から「A9」及び「A9X」チップの量産が予定されているそうです。

また、「A8」チップは2014年前半にリリース予定の新しいiPhoneに搭載され、「A9」及び「A9X」は更にその次の世代の「iPhone」と「iPad」に搭載されるだろうとのこと。

なお、情報筋はこれがTSMCの独占供給になるのかは明らかにしなかったそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。