Microsoft、より多くの「Windows RT」向けOfficeアプリを開発中

「Windows RT 8.1」と同時に「Outlook 2013 RT」が提供される予定ですが、WinSuperSiteのPaul Thurrott氏によると、Microsoftが「Word」「PowerPoint」「Excel」「OneNote」「Outlook」以外のOfficeアプリの「Windows RT」版を開発している事が分かりました。

今回確認されたのは「Access」「InfoPath」「Publisher」「SharePoint Designer」「SkyDrive Pro」「Visio」で、内部テストビルドのインストーラーにはこれらのアプリが含まれているものの、「Access」と「Visio」は現時点ではまだインストール出来なかったそうです。

(image source:WinSuperSite)


なお、これらのアプリがいつ正式にリリースされるのかは不明です。

【関連エントリ】
 ・Microsoft、「Windows RT 8.1」で「Outlook 2013 RT」を提供へ
 ・Microsoft、全てのOfficeアプリのWindows RT版を開発中か?!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。