米Appleがフレキシブルディスプレイに関するエンジニアを募集していた事が明らかに

Appleが開発中との噂の「iWatch」には一部でフレキシブルディスプレイが採用されるのではないかと噂されていますが、米Appleがフレキシブルディスプレイに関するエンジニアを募集していた事が明らかになりました。

(フレキシブルディスプレイを採用したウェアラブルデバイスに関するAppleの過去の特許画像)

electronistaによると、その募集要項は4月1日に公開され現在は既に削除されていますが、新しいディスプレイ技術(例えば、高光学効率LCD、AMOLED、フレキシブルディスプレイ)の調査をリードするディスプレイのスペシャリスト「Senior Optical Engineer(シニアオプティカルエンジニア)」を募集していたようです。

また、Unwiredviewによると、AppleがフレキシブルOLEDディスプレイを採用したデバイスに関する特許を申請していた事も明らかになっており、「iWatch」など未来のApple製品にフレキシブルディスプレイが採用される可能性がありそうです。


【関連エントリ】
 ・米Apple、「iWatch」のようなウェアラブルデバイスに関する特許を申請

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事