米Apple、「iWatch」のようなウェアラブルデバイスに関する特許を申請

Apple Insiderによると、Appleが噂の「iWatch」を本当に開発している事が予想出来る特許を申請した事が明らかになったそうです。

その特許のタイトルは「BI-STABLE SPRING WITH FLEXIBLE DISPLAY」となっており、双安定ばねとフレキシブルディスプレイで構成されたウェアラブルアクセサリデバイスに関する特許となっています。

説明によると、バンド部分はレイヤードフレキシブルスチールバンドとなっており、ディスプレイ部分はセンサーによりユーザーの手首のサイズを自動で検出し、一部分のディスプレイをオフにするなどしてユーザーに最適な画面表示レイアウトにする機能が搭載されているとのこと。

また、マルチタッチ・インターフェースを搭載し、文字情報やアラート、地図、ビデオなどを表示でき、BluetoothやWi-Fiでポケットの中の「iPhone」とも通信可能なようです。

あくまで特許申請の段階ですが、Appleがこのような腕時計型ウェアラブルデバイスを考えている事だけは確かなようです。

【関連エントリ】
 ・「iWatch」の新たなコンセプト画像

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。