動画投稿アプリ「Vine」、動画をブログなどに埋め込み可能に

本日、TwitterやFacebookに手軽に動画を投稿できる無料のiOS向けソーシャル動画アプリ「Vine」がアップデートされ、最新版の「Vine 1.0.7」がリリースされています。


今バージョンからはブログなどのウェブ上に埋め込むことが可能となっており、埋め込むには一度メールで埋め込みコード取得サイトURLを送信し、そこからコードを取得して埋め込む手順となっています。

なお、埋め込みコード取得時には横幅(用意されているのは600px、480px、320px)や枠の有り無しをカスタマイズ可能となっています。


試しに埋め込んでみた動画が下記の通り。


また、今バージョンでは撮影を開始した時にカメラがフリーズする不具合や撮影がディスプレイに触れる事なく開始される不具合が改善された他、マイナーばバグフィックスやパフォーマンスの改善が行われています。

Vine
価格:無料 (記事公開時)


【関連エントリ】
 ・Twitter、iPhone向け動画共有アプリ「Vine」を配信開始

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事