Apple、「Apple TV (第3世代)」の内部仕様を一部変更し「A5」プロセッサを小型化

今年1月にFCC(米連邦通信委員会)が新しいApple TVの資料を公開し、まもなくアップデートされるものと予想されていましたが、MacRumorsによると、最近になって密かに内部仕様が一部変更された「Apple TV (第3世代)」が出荷されている事が分かったそうです。


これまでの「Apple TV (第3世代)」の部品番号は「A1427」だったのに対し、新しい「Apple TV (第3世代)」の部品番号は「A1469」となっており、A5プロセッサが更に更に小型化されているとのこと。


この事から28nmプロセスを採用した「A5」チップに変更された可能性が高く、省電力化などが図られているものと思われます。

【関連エントリ】
 ・新しい「Apple TV」のサイズは現行モデルと同じで、スペックアップのみのマイナーアップデートに
 ・新しい「Apple TV」はA5Xプロセッサを搭載か?!
 ・Apple、少し小さくなった新しい「Apple TV」をまもなく発売か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事