Apple、ブラジルでの「iPhone」の商標権問題で地元メーカーと和解

先月、ブラジルの知財管理当局(INPI)が「iPhone」の商標を巡り、同国の家電メーカーであるGradient社に同商標の独占使用権を認める判断を示し、Appleは同国で「iPhone」の名前を使用することが出来なくなった事をお伝えしましたが、Forbesによると、現地時間の3月9日、ブラジル国内でAppleとIGB Electronica(Gradientの親会社)の両社が訴訟を終了させ、和解に達したようだと報じられているそうです。

なお、過去の例からして、AppleはIGB Electronicaに対し数百万ドルを支払うものとみられています。

【関連エントリ】
 ・Apple、ブラジルでの「iPhone」商標権裁定で上訴へ
 ・ブラジルの特許管理当局、「iPhone」の商標使用権をAppleではなくGradient社に与える事を正式に発表
 ・Apple、ブラジルで「iPhone」の命名権を失う
 ・ブラジルの家電メーカーが「iPhone」ブランドのAndroid搭載スマートフォンを発表

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。