米フォーブス誌、「世界長者番付」の2013年版を発表

本日、米フォーブス誌が、毎年恒例の「The World’s Billionaires(世界長者番付)」の2013年版を公開し、今回の該当者は1,426人で、1位にはメキシコの実業家であるカルロス・スリム・エルー氏とその家族が選出されており、その資産は730億ドルとなっています。


また、2位にはMicrosoft会長のビル・ゲイツ氏がランクインしており、資産は670億ドルで、1位と2位は去年と同じ顔ぶれとなっています。

IT関連ではAmazon創設者のジェフ・ベゾス氏が19位、Googleのラリー・ペイジ氏が20位、Googleのセルゲイ・ブリン氏が21位、Dellのマイケル・デル氏が49位、Microsoftのスティーブ・バルマー氏が51位、Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏が66位、ソフトバンクの孫社長が128位などとなっています。

なお、故ジョブズ氏夫人のローレン・パウエル・ジョブス氏とその家族は98位で、資産は107億ドルとなっています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事