オバマ大統領、一般教書演説でAppleが米国内でMacの製造を開始する事に言及

現地時間の12日にバラク・オバマ米大統領が一般教書演説を行いましたが、MacRumorsによると、その演説の中でAppleが今年から米国内でMacを製造する事に関して言及されたそうです。


この一般教書演説にはAppleのティム・クックCEOも出席しており、オバマ大統領は雇用対策に関する話の中で「キャタピラーは日本から、フォードはメキシコから仕事を戻しており、今年はAppleが再びアメリカでMacの製造し始めます」と述べたそうです。

なお、既にQuanta Computerが米カリフォルニア州フリーモントで「Mac」を生産している事が明らかになっています。

【関連エントリ】
 ・Quanta Computerが米カリフォルニア州フリーモントで「Mac」を生産している事が明らかに
 ・「iMac」の組立工場がカリフォルニア州フリーモントに存在か?!
 ・一部の「iMac」はアメリカ国内で組み立てられている?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事