Appleの広報、「iOS 6」のマップアプリの改善に全力で取り組む事を約束

9 to 5 Macによると、「iOS 6」に搭載されているマップアプリの内容に批判が集まっている事について、Appleの広報がコメントを明らかにしたそうです。


Appleの広報であるTrudy Miller氏は、「世界中の顧客は、Apple マップを含む、200以上の新機能を搭載したiOS 6にアップグレードしています。Flyoverやターンバイターンナビゲーション、Siriとの統合機能のような革新的な新機能を提供することに我々は興奮しています。マップはクラウドベースのソリューションで、人々が使えば使うほどより良くなります。我々は顧客からの全てのフィードバックに感謝するとともに、ユーザー経験を更に良くする為に全力で取り組んでいます。」と述べたとのこと。

【関連エントリ】
 ・「Google マップ」のiOS向け公式アプリは完成しており、Appleの承認待ちの状態か?!

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事