Microsoft、「Windows Vista」のサポートを終了

Microsoftは本日4月11日をもって「Windows Vista Service Pack 2(SP2)」のサポートを終了します。


「Windows Vista Service Pack 2(SP2)」のサポートは、現在はセキュリティ更新プログラムのみが提供され、サポートも有償となる延長サポート期間となっており、その延長サポートが4月11日までとなっていました。

4月12日以降はセキュリティ更新プログラムの提供が終了してしまうため、OSに脆弱性があった場合は、非常に危険な状態になります。

なお、「Windows 7」については、現在の延長サポートの終了日は2020年1月14日で、「Windows 8.1」はメインストリームサポートが2018年1月9日、延長サポートが2023年1月10日に終了する予定です。

Windows Vistaのサポートライフサイクル
Windows製品のサポートライフサイクル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で