初代「iPhone」風デザインを採用した「iPhone X」のコンセプト画像

VMware Fusion 8.5

次期「iPhone」シリーズでは「iPhone」の誕生10周年を記念したプレミアムモデルが登場すると言われていますが、Apple製品のコンセプト画像でお馴染みのMartin Hajek氏が、初代「iPhone」のデザインを採用した「iPhone X」のコンセプト画像を公開しました。


初代「iPhone」はアルミと樹脂を組み合わせたデザインが特徴で、今回のコンセプト画像はその初代「iPhone」と「iPhone 7」を足して2で割ったようなデザインに、「iPhone 8」の特徴と噂されているホームボタンのディスプレイ統合化などを取り入れたものとなっています。

流石に次期「iPhone」がこのデザインになる事はないと思いますが、10周年記念モデルとしてこんなのもアリなのかもしれません。





 ・Martin Hajek


[via Cult of Mac

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で