「iPhone 7」、海外版にも日本版と同じFeliCa対応チップが搭載されていた事が明らかに

「iPhone 7」シリーズは日本向けモデルのみFeliCaに対応しているとみられてきましたが、iFixitなどの分解により、世界各国で販売されている全てのモデルに同じNFCチップが搭載されている事が分かりました。

nfc-controller

各種分解レポートをお伝えした時は気付かなかったのですが、iFixitは日本向けの「iPhone 7 (A1779)」と「iPhone 7 Plus (A1785)」を、Geekbarは米Verizonや中国・香港向けの「iPhone 7 (A1660)」を、Chipworksは米AT&Tや欧州向けの「iPhone 7 (A1778)」をそれぞれ分解しており、搭載されているNFCチップは全てNXPの「67V04」でした。
(参考までにApple Watch Series 2にも同じ「67V04」が搭載されています)

この「67V04」というチップの詳細は不明ですが、FeliCaとNFC準拠のType A/Bの両方に対応したチップとみられています。

このことからFeliCa対応の有無については、Apple側がソフトウェアで制限をかけているものと予想され、対応させるかどうかはApple次第であるものの、将来的にソフトウェアのアップデートで海外モデルでもFeliCaが利用可能になる可能性もあることを意味しています。(Appleの過去の例を見ると、ソフトウェアアップデートで対応する可能性はかなり低いですが…)

また、JR東日本の小縣副会長は、Appleの発表イベント後のインタビューで意味深な発言をしており、将来的に訪日外国人が国内でFeliCaを利用出来るようにする可能性もあるかもしれません。

記者:(Felicaについて)今は日本のお客さんだけだが、将来的に海外からの旅行客が使えるようになる可能性については?

小縣副会長:我々はインバウンド(訪日外国人)には力を入れていますからね。今日はこういった形での発表(Felica搭載は日本版のみ)では御座いますが、インバンドの方にもSuicaを使って頂くということになると良いんじゃないでしょうか。

記者:そういう風になるように、今、Appleと話を?

小縣副会長:色んな場を含めて、引き続きAppleとはお話をしていくことで…。更に緻密な連携を保って良いサービスを提供したいと思います。


ただ、FeliCaの利用については日本向けモデルだけが総務省の認可を取得しており、訪日外国人が国内でFeliCaを利用出来るようにするにはそういった面での整備が必要になる他、日本のユーザーが海外モデルを購入して国内で利用する場合、「iPhone 7」シリーズの海外モデルには技適マークがない為、国内での使用には問題があります。


ちなみに、日本向けモデルについては、FeliCa対応の有無以外に、対応するLTEバンドが海外モデルとは少し違っていて、docomoが地方都市での高速化の為に利用しているバンド21(1.5GHz帯)や、auとソフトバンクが利用しているバンド11(1.5GHz帯)といった日本独自のバンドに対応しており、対応バンドも日本向けの特別モデルとなっています。


【UPDATE】
コメントでご指摘を頂き、「A1779」、「A1660」、「A1778」の各モデルの基板を見比べましたが、各種ICチップの配置や数がモデルにより少し異なっており、全てのモデルで同じ基板設計を流用している訳ではない事が分かりました。

ただ、日本向けモデルの基板からFeliCa用チップを確認出来ていないのも事実で、FeliCa用のチップが別に搭載されているのかどうかはもう少し調べる必要があるかもしれません。


[via 2CH

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で