スマホの故障率、iOS搭載端末がAndroid搭載端末を上回る

米Blancco社の調査結果によると、2016年第二四半期のスマホの故障率は、iOS搭載端末の故障の割合がAndroid搭載端末の数値を超えた事が分かりました。

th_iPhone6s-4Color-RedFish-PR-PRINT
2016年第二四半期の故障率は、iOS搭載端末が58%、Android搭載端末が35%だったそうで、2016年第1四半期の数値はそれぞれ25%と44%でした。

故障には、具体的には、緊急アプリケーションの不時「クラッシュ」やワイヤレスネットワークへの接続時の問題、カメラ、バッテリー、タッチスクリーンの不具合などが含まれるそうで、ネットワーク関係はiOS搭載端末に、カメラやバッテリーなどの不具合はAndroid搭載端末に多いそうです。

iOS搭載端末のうち、最も故障率が高かったのは「iPhone 6」でその割合は29%となっており、以下は「iPhone 6S(23%)」、「iPhone 6S Plus(14%)」、「iPhone 6 Plus(13%)」、「iPhone 5S(8%)」となっています。

次に、Android搭載端末に関しては、最も故障が多かったのはSamsung製スマートフォン(26%)だったそうです。

機種別の故障率については、Android搭載端末は詳細が公開されておらず、Samsung製の機種名が書かれていない為、同社のスマホの平均値であることが予想されます。

[via Sputnik, IT速報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で