米国などで「Apple Thunderbolt Display」のパーソナルピックアップサービスが利用不可に − 新型登場の噂に何か関係か

先日、北米や欧州などの「Apple Store」で「Apple Thunderbolt Display」の在庫が減少している事をお伝えしましたが、MacRumorsによると、今度は同製品のパーソナルピックアップサービスが利用出来なくなっている事が分かりました。


apple_thunderbolt_display_front_side

パーソナルピックアップサービスとは、Apple Online StoreやApple Store公式アプリから注文した製品を、直営店の店頭で受け取れるサービスで、「Apple Thunderbolt Display」の製品ページから同サービスが利用出来なくなっており、米国だけでなく、オーストラリアやカナダ、フランス、ドイル、シンガポールなどでも同様の状態となっているそうです。

Appleのディスプレイ製品については、GPUを内蔵した5K対応の新型モデルが年内に登場するものの、「WWDC 2016」では発表されないと言われており、今回の件が新型ディスプレイの登場と何か関係があるのかはまだ分かりません。

1つ言える事は、「WWDC 2016」の基調講演開催まで残り1時間となった現在もApple Online Storeがメンテナンスモードに入っていないという事から、「WWDC 2016」でハードウェアの新製品が発表される可能性はかなり低いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で