「WWDC 2016」の開催を前に「Apple Thunderbolt Display」の在庫が減少

MacRumorsによると、「WWDC 2016」の開催を前に、北米や欧州などの「Apple Store」で「Apple Thunderbolt Display」の在庫が減少している事が分かりました。

apple_thunderbolt_display_front_side
米国で「Apple Thunderbolt Display」の在庫があるのはニューヨークやサンフランシスコなどの大都市の旗艦店のみとなっており、信頼出来る情報筋によると、英ロンドン周辺のストアではここ1ヶ月で在庫切れになっており、倉庫へ引き戻されたといった情報もあるそうです。

これらの事から「WWDC 2016」で新型ディスプレイが発表されるのではないかと予想していますが、定期的な在庫の変動である可能性もあるとのこと。

なお、現在のところ日本の公式オンラインストアでは在庫有りの状態となっています。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

Twitter で

関連記事