「iPhone 6s」のディスプレイ部品、「iPhone 6」の同部品に比べて僅かに重く、厚みも増している事が明らかに

本日、MacRumorsが、「iPhone 6s」のものとされるディスプレイ部品の高画質写真を公開しており、「iPhone 6」の同様の部品に比べ、僅かに分厚くなっていることが分かりました。

iphone_6_6s_displays_rear (左がiPhone 6、右がiPhone 6s)

また、重さについても「iPhone 6s」用が51.2g、「iPhone 6」用が49.4gとなっており、「iPhone 6s」のディスプレイ部品の方が僅かに重たくなっている事も分かりました。

なお、「iPhone 6s」の同部品には「iPhone 6」のものにはない謎のチップが搭載されている事が分かっていますが、このチップが噂のForce Touch(感圧タッチ)技術に関係があるものとみられています。

iphone_6s_display_top_rear
[Photo Credit:MacRumors

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で