Microsoft、「Windows 10」のSKU(製品エディション)を発表

本日、米Microsoftが、「Windows 10」のSKU(製品エディション)の詳細を発表しました。

windows10logo2
「Windows 10」のSKUは下記の通りで、7つのエディションが用意されます。

Windows 10 Home

コンシューマー向けのSKUで、Cortana、Edgeブラウザなど基本的な機能を備えており、PCやタブレット、2 in 1デバイスなどで利用可能

Windows 10 Pro

小規模企業向けのSKUで、Home版の機能に加え、企業が自社のデバイスの管理に役立つアプリや機密データを保護する機能が含まれる

Windows 10 Enterprise

最も堅牢なセキュリティやコントロール機能などを必要とする中規模から大規模の企業向けのSKU

Windows 10 Education

その名の通り、学生及び教職員向けのSKUで、アカデミックボリュームライセンスを通じて利用可能

Windows 10 Mobile

タブレットやスマートフォンなどのタッチ操作がメインの小型携帯デバイス向けのSKUで、ユニバーサルアプリをサポートし、タッチ操作に最適化されたOfficeを搭載

Windows 10 Mobile Enterprise

企業向けのSKUで、新しいセキュリティ管理オプションなどが追加されており、ボリュームライセンスを通じて利用可能


また、上記以外にIoT(Internet of Things)向けの「Windows 10 IoT Core」も用意され、様々なセンサーから情報を集めてインターネット経由でサーバーに送る「IoTゲートウエイ」のような小型のデバイスから、ATMや工業ロボットといった比較的大きなデバイスまでが対象となります。

なお、「Windows 10」は今夏にリリース予定です。


[via Neowin

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で