Apple純正・OWC・Crucialの「Mac Pro (Late 2013)」向けメモリの比較ベンチマーク

本日、TekRevueが、Apple純正、OWC、Crucialの各「Mac Pro (Late 2013)」向けメモリのベンチマークテストを行った結果を公開しています。
2013-mac-pro-ram-upgrade-960x540 テストは「Mac Pro (Late 2013)」の6コアモデル(OS X 10.9.2搭載)で実施され、テストに使用されたメモリのスペックは下記の通りで、ベンチマークアプリ「Geekbench」を用いて測定されています。

 ・Apple純正:4GB/PC3-14900×4枚=16GB(SKハイニックス製)
 ・OWC:16GB/PC3-14900×4枚=64GB(SKハイニックス製)
 ・Crucial:16GB/PC3-14900×4枚=64GB(Micron製)

テストは3回ずつ行われた平均値となっており、その結果が下記の通りでシングルコアでのテストではCrucialのRAMが、マルチコアでのテストではOWCのRAMがそれぞれ一番良い結果となっています。
mac-pro-ram-benchmarks-singlecore mac-pro-ram-benchmarks-multicore また、これら3つのRAMの価格を比較したものが下記の表で、GB当たりの単価はOWCが12.95ドルと一番安くなっています。
2014-03-25_1430 OWCとCrucialのメモリは日本ではAmazonなどで並行輸入品が販売されているものの、あまり購入する機会はないと思いますが、もし候補に入れる場合の参考になれば良いと思います。
(Apple純正だけ16GBというのもちょっと引っかかりますが…)

 ・2013 Mac Pro RAM Upgrade Benchmarks:Apple vs. Crucial vs. OWC
 (TekRevue)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200