台湾金属筐体最大手のCatcher、「iPhone 6」用金属筐体の生産に向け1億ドルを投資か!?

工商時報によると、金属筐体最大手の台湾Catcherが、中国江蘇省の宿遷工場に1億米ドルの増資を決めたことを明らかにし、業界ではこの投資はより大型になるといわれている次期iPhoneこと「iPhone 6」用の金属筐体の生産設備拡張の為とみられている事が分かりました。

(注:上記画像はコンセプト画像です)

なお、「iPhone 6」はディスプレイに曲面ガラスを採用し、ディスプレイサイズも4.8〜5.5インチに大型化されると噂されています。

[via EMSOne


関連エントリ


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200