今秋にNTTドコモが「iPhone」の取り扱いを開始する可能性は極めて低い

本日、日本経済新聞にジャーナリストの石川 温氏によるNTTドコモの加藤社長へのインタビュー記事が掲載されており、その中で加藤社長はiPhoneの発売に関して「今までのスタンスと何ら変わりません」との考えを明らかにしたそうです。


この“今までのスタンス”とは「iPhoneは魅力的な端末で、ドコモの総販売数の2~3割程度であれば受け入れることも可能」というもので、Appleとの交渉が依然として合意に至っていないものとみられています。

また、ソフトバンクの孫社長やKDDIの田中社長は「iPhone」の取り扱いを開始する直前は、Appleとの契約内容に「iPhoneに関して何も話してはいけない」という契約条項がある事からノーコメントを貫いていたのですが、NTTドコモの加藤社長は今も普通に「iPhone」の事を話している事から今秋にドコモが「iPhone」の取り扱いを開始する可能性は極めて低いとのこと。

 ・ドコモ、ツートップ戦略の誤算 iPhone当面見送りか
(ジャーナリスト 石川 温)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200