NTTの副社長、ドコモが「iPhone」を販売することについて「手段としてある」との見解を明らかに

ロイターによると、NTTの渡辺大樹副社長が、本日開催された株主総会で、NTTドコモが「iPhone」を販売することについて「当面の競争に打ち勝つための手段としてある」との見解を明らかにしたそうです。


これは株主から「NTTはiPhoneを販売する必要がない」との指摘を受けた事に対する発言で、「iPhoneを販売していないことで、結果的にドコモがやや苦戦しているのは事実」と指摘し、「最終的にドコモが判断することだが、当面の競争に打ち勝つための手段としてあるだろう」と述べたそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200