「iPhone 5S」はやはりデュアルLEDフラッシュを搭載?? 新たな実機画像が流出か?!

過去に様々なデバイスの画像をリークしている中国の”@palm大叔”というユーザーが、中国版Twitterことweiboにて「iPhone 5S」のカメラ部分を撮影したとされる写真を公開しています。

その写真が下記画像で、昨日に流出した「iPhone 5S」の試作機と同じくフラッシュの形状が縦長になっています。

(何か保護フィルムのようなものが貼られているように見える… / image source:@palm大叔)

また、「iPhone 5S」はPowerVR SGX554MP4 GPUや2G RAMを搭載しクロック数が1.2GHzのクアッドコアA7プロセッサ、4インチ(1136X640ピクセル)のIGZOディスプレイ、16GB/32GB/64GB/128GBのストレージ容量、1200万画素リアカメラ、指紋認証機能、NFC対応などが特徴になり、ホームボタンにはLEDインジケーターが搭載されるとの情報もあるそうです。

これらが本物かどうかは不明で、先日に流出した「iPhone 5S」の試作機とされる写真ともフラッシュの位置(大きさ?)が若干違うようにも見えるので、今回の画像は何らかの加工が施された画像である可能性も否定できません。

[via cnBeta

【関連エントリ】
 ・「iPhone 5S」の試作機の実機写真が流出か?!
 ・「iPhone 5S」と「廉価版iPhone」の図面が流出か?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200