Apple、「iRadio」の楽曲スキップ機能をめぐりSony Musicとの交渉が難航か?!

本日、Appleの音楽ストリーミングサービス「iRadio」は「WWDC 2013」に間に合わないようだとお伝えしましたが、CNET JAPANが、この件に詳しい複数の人物らによると、AppleとSony Musicは、ユーザーが一部を再生した後にスキップした楽曲に対してAppleがレーベルに支払う金額をめぐり、依然として交渉を行っているようだと報じています。


「iRadio」は「Pandora」に非常によく似たもので、楽曲の巻き戻し再生や一部を聞いた後に次の曲にスキップする機能など、ユーザーが追加のコントロールを使用できるようにする機能がいくつか搭載されているとのこと。

なお、他のレーベル各社は「iRadio」が音楽業界全体にとって潜在的な利益となると考えており、Appelを支援することに意欲的である為、今回の問題により他のレーベル各社の幹部は苛立ちを募らせているそうです。

【関連エントリ】
 ・「iRadio」の発表は「WWDC 2013」には間に合わず?!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の予約はこちら⇩

screativeref-1100l7121 2623622 2645522 bnr_au_200_200