「iPhone 16 Pro」が5倍望遠カメラを搭載することを示唆する新たな情報

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
「iPhone 16 Pro」が5倍望遠カメラを搭載することを示唆する新たな情報

Appleが今秋に発売する見込みの「iPhone 16」シリーズでは「iPhone 16 Pro Max」だけでなく「iPhone 16 Pro」にも5倍望遠カメラが搭載されると噂されていますが、DigiTimesが、この噂を信憑性を高める新たな情報を報じています。

業界筋によると、Appleは次期iPhoneシリーズでペリスコープ(潜望鏡)型レンズの採用を拡大する予定で、台湾のレンズモジュールメーカーであるLargan PrecisionとGenius Electronic Optical(GSEO)が主要サプライヤーになる見込みとのこと。

Largan Precisionは「iPhone 15 Pro Max」にペリスコープ型レンズを供給しています。今回の情報が正しければ「iPhone 16 Pro Max」だけでなく「iPhone 16 Pro」にも採用が拡大され、その供給を確保するために新たにGenius Electronic Opticalをサプライヤーとして加える方針なのかもしれません。

[via 9To5Mac



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次