Apple、「Logic Pro for iPad v1.1」をリリース

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Apple、「Logic Pro for iPad v1.1」をリリース

本日、Appleが、iPad向けの「Logic Pro」アプリをアップデートし、最新版の「Logic Pro 1.1」をリリースしました。

新しいマスタリングアシスタントと、直感的に使える音作りのためのツールのプロ向けパレットにより、ミュージシャンはリリース準備の整ったミックスをかつてない速さで完成させることが出来るようになりました。

今バージョンでの変更点の詳細は下記の通り。

  • マスタリングアシスタントとその直感的なサウンドシェーピングツールのプロ仕様パレットを使用して、すぐにリリースできるミックスを生成
  • Quick Samplerにライブ録音し、内蔵マイクまたは接続したオーディオデバイスを使って音源やドラムキットを作成可能
  • Split Viewとステージマネージャに対応したことにより、ボイスメモなどのアプリ間でシームレスな操作が可能
  • ファイルアプリから複数のファイルを一度に選択してドラッグし、ドラムキットを素早く作成したり、プロジェクトにステムを追加したりすることが可能
  • 指を上下にスライドさせて、ブラウザ内のサンプル、ループ、または音源を即座に試聴可能
  • 無料の“Hybrid Textures” Sample Alchemyパックには、独創的なプレイアブル音源に変換されたファウンドサウンドからなる70のパッチと80以上のループのコレクションが収録

なお、App Storeよりアップデート可能で、価格は月額700円または年間7,000円のサブスクリプション方式となっています。

Logic Pro – App Store


\iPhone 15シリーズなどスマホの購入はこちら/

記事をシェア!

コメント

コメントする

目次