Apple、次世代バッテリーを自社開発中か ー 2025年以降の自社製品への搭載が目標

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Apple、次世代バッテリーを自社開発中か ー 2025年以降の自社製品への搭載が目標

韓国のET Newsが、Appleが2025年の商用化を目指して次世代バッテリーを開発していることが分かったと報じています。

Appleは2025年以降に発売される自社製品への搭載を目標としてバッテリー開発プロジェクトを進めており、正極材と負極材など、バッテリーを構成する素材から直接開発に参加し、従来よりも性能を大幅に引き上げた新しいバッテリーの開発を目指しているそうです。

正極材はバッテリーのエネルギー密度、出力、安定性などの性能を決定する核心素材で、ニッケル、コバルト、マンガン、アルミニウムなどの原材料を配合して正極材を製造するが、Appleは性能向上のため、従来とは全く異なる新しい組成を検討している模様。

また、バッテリー素材の性能向上のためにカーボンナノチューブを導材として採用することも検討しており、負極材はシリコン含有量を飛躍的に増やす方向で開発が進んでいるそうです。現在のリチウムイオンバッテリーの負極材にはグラファイト(黒鉛)が使用されていますが、グラファイトの代わりにシリコンを使うことで、バッテリー容量を増やすことができ、充放電時間を短縮することができるものの、シリコンは方充電の過程で体積が膨張する問題があり、Appleはシリコンを使いながら膨張問題を克服する技術を確保したものとみられています。

[via 9To5Mac


\iPhone 15シリーズなどスマホの購入はこちら/

記事をシェア!

コメント

コメントする

目次