Apple、「iPhone 15」シリーズのUSB-Cポートに関する情報をまとめたサポート文書「iPhone 15 の USB-C コネクタで充電および接続する」を公開

Apple、「iPhone 15」シリーズのUSB-Cポートに関する情報をまとめたサポート文書「iPhone 15 の USB-C コネクタで充電および接続する」を公開

本日、Appleが米国で公開していた「iPhone 15」シリーズのUSB-Cポートに関するサポートドキュメント「Charge and connect with the USB-C connector on your iPhone 15」の日本語版である「iPhone 15 の USB-C コネクタで充電および接続する」を公開しました。

本ドキュメントでは、「iPhone 15」シリーズで新たに採用されたUSB-Cコネクタを利用して、充電したり、他のデバイスに接続したり、ディスプレイに出力する場合の各種詳細や注意点がまとめられています。

詳細は実際にドキュメントを確認して頂ければ幸いですが、気になった項目を下記に抜粋しましたので、参考にしてください。

  • 「iPhone 15 Pro」はUSB 3 ケーブルを使用した場合、最大速度10Gbit/秒の高速USB 3.2 Gen 2に対応
  • AirPods、Apple Watch、USB Power Deliveryに対応した別の小型デバイスを最大4.5Wで充電可能
  • DisplayPort プロトコルを使用して、最大解像度4K/60HzのUSB-Cディスプレイの接続に対応
  • 高解像度ディスプレイに接続するには、ディスプレイに付属のケーブルや別売りのThunderbolt 4 (USB‑C) Pro ケーブル (1m) など、USB 3.1以上に対応したUSB-C ケーブルが必要
  • ハイダイナミックレンジのUSB-C ディスプレイにも対応
  • USB-Cディスプレイによっては接続中にiPhoneの充電も可能
  • HDMI 2.0に対応したアダプタやケーブルを使用することで解像度4K/60Hzで映像を出力可能
  • 「Apple USB-C Digital AV Multiport アダプタ」を使って、HDR10またはドルビービジョンのコンテンツなど、最大解像度4K/60Hzの映像を出力可能

また、「iPhone 15」シリーズのUSB-C コネクタには、USB-C規格に準拠した次の各種デバイスを接続することも可能です。

  • CarPlay 対応の自動車
  • 外付けのストレージデバイス
  • モニタと外付けディスプレイ
  • マイク
  • 外付けバッテリーパック
  • USB – Ethernet アダプタ
  • SD カード (SD カードアダプタを使用)

なお、USB-C規格に準拠していないデバイスやケーブルでは正常に機能しない場合があり、状況によってはUSB-C アクセサリやケーブル (他社製品など) が、ワイヤレス接続に干渉する可能性があるとのこと。USB-C アクセサリの使用中に Wi-Fi またはモバイルデータ通信が低速化する場合はアクセサリの接続を外せばパフォーマンスが正常に戻るはずであることも案内されています。

iPhone 15 の USB-C コネクタで充電および接続する – Apple

\iPhone 15シリーズの予約はこちら/


記事をシェア!

コメント

コメントする

目次