AppleのM2 Ultraチップのベンチマークスコアが明らかに

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
AppleのM2 Ultraチップのベンチマークスコアが明らかに

ベンチマークソフト「GeekBench」のデータベースにAppleのM2 Ultraチップを搭載したMacのベンチマークデータが複数投稿(1/2/3/4)され始めています。

ベンチマークデータが明らかになったM2 Ultraチップを搭載したMacの機種IDは「Mac 14,14」で、これが新型「Mac Pro」なのか新型「Mac Studio」なのかは確認出来ません。

また、RAMは128GBで、動作周波数はGeekBenchがまだ正式対応していない為か、2.82GHzから3.68GHzの間で変動があり、CPUのベンチマークスコアも安定していない状況です。

M2 Ultraチップの仕様

M2 Ultraチップの仕様と他のチップとの比較が下記の通り。あくまでGeekBenchのデータを元にしている為、現時点で詳細は分かっていませんが、キャッシュは実際には高性能コアと高効率コアの両方にあります。

M2 UltraM1 UltraM2 MaxM2 Pro
CPUコア数24コア20コア12コア10/12コア
CPUコア内訳高性能コア×16
高効率コア×8
高性能コア×16
高効率コア×4
高性能コア×8
高効率コア×4
高性能コア×6/8
高効率コア×4
GPUコア数60/76コア48/64コア30/38コア16/19/30コア
Neural Engine32コア32コア16コア16コア
メモリ帯域幅800GB/s800GB/s400GB/s200GB/s
動作周波数3.68GHz3.20GHz3.66GHz3.49GHz
L1キャッシュ128KB
※詳細は不明
128KB
※詳細は不明
高性能コア
192KB/128KB

高効率コア
128KB/96KB
高性能コア
192KB/128KB

高効率コア
128KB/96KB
L2キャッシュ4MB
※詳細は不明
4MB
※詳細は不明
高性能コア
32MB

高効率コア
4MB
高性能コア
32MB

高効率コア
4MB

ベンチマークスコア(CPU性能)

M2 UltraチップのCPU性能のベンチマークスコアは、複数あるデータから動作周波数が一番高い3.68GHzのデータではシングルコアが2776、マルチコアが21402となっています。

M1 Ultraチップのスコアが2379/17551であることから、シングルコアで17%、マルチコアで22%、性能が向上しています。

シングルコアマルチコア
M2 Ultra277621402
M1 Ultra237917551
M2 Max272914379
M2 Pro263714098
Mac Pro
(Late 2019)
137710374

ベンチマークスコア(GPU性能)

M2 UltraチップのGPU性能のベンチマークスコアは、OpenCLは複数(1/2/3)、Metalは1件のみ投稿されており、それぞれの最大値はOpenCLが131095、Metalが220674となっています。

M1 UltraチップはOpenCLが91649、Metalが150407だったので、OpenCLで43%、Metalで47%、性能が向上しています。

OpenCLMetal
M2 Ultra131095220674
M1 Ultra91649150407
M2 Max80183131280
M2 Pro4643876421


googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次