Anker、空間オーディオに対応したポータブルHi-Fiスピーカー「Soundcore Motion X600」を発売

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Anker、空間オーディオに対応したポータブルHi-Fiスピーカー「Soundcore Motion X600」を発売

本日、Ankerが、4月に発表していた世界初の空間オーディオに対応したポータブルHi-Fiスピーカー「Soundcore Motion X600」を発売しました。

「Soundcore Motion X600」は、Anker独自の空間オーディオアルゴリズムと5つのドライバーにより多方向から降り注ぐような立体音響を実現しており、高音質コーデック「LDAC」にも対応し、原音に近いクリアな音楽を再現可能です。

また、オーディオ出力は50W(ツイーター5W×2 / ウーファー15W×2 / フルレンジ10W ×1)で、最大12時間のバッテリー駆動に対応しています。

防水規格はIPX7に対応しており、Bluetooth 5.3に対応し、カラーラインナップは、スペースグレー、ブルー、グリーンの3色ですが、今回発売されたのはスペースグレーのみで、ブルーとグリーンは2023年6月下旬以降に発売予定です。

なお、価格は19,990円(税込)で、初回300台限定で15%(2,999円分)のAmazonポイント還元を受けることが可能です。

Soundcore Motion X600 – Amazon



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

目次