Apple、「WWDC23」の基調講演を日本時間6月6日午前2時より開催へ

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Apple、「WWDC23」の基調講演を日本時間6月6日午前2時より開催へ

Appleは現地時間の2023年6月5日(日本時間6月6日)から年次開発者会議「WWDC23」を開催しますが、本日、「WWDC23」の基調講演を現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)より開催すると発表しました。

また、State of the Unionのプレゼンテーションが6月6日5時30分(日本時間)より、優れたアプリと開発者を表彰する 「Apple Design Awards」 が6月6日10時30分(日本時間)から開催されます。

「WWDC23」は、基本的にはオンラインでの開催となりますが、開会日には本社キャンパス「Apple Park」で開発者たちが直接集まるリアルイベントが実施され、オンラインイベントは無料で参加可能で、リアルイベントも参加は無料ですが、事前申し込みが必要で、既に受付は終了しています。

なお、開催期間は6月5日〜6月9日までで、「WWDC23」では、「iOS 17」や「macOS 14」の他、MRヘッドセットやMacBook Air 15インチなどの発表が予想されています。

プレスリリース



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次