Microsoft、「Windows 10」の最終バージョンが「22H2」であることを確認 − 「Windows 11 LTSC」は2024年後半に提供予定

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
Microsoft、「Windows 10」の最終バージョンが「22H2」であることを確認 − 「Windows 11 LTSC」は2024年後半に提供予定

本日、Microsoftが、Windowsクライアントのロードマップに関する情報を公開し、「Windows 10」の最終バージョンは「22H2」となり、ライフサイクルページに記載されている通り、2025年10月14日でサポートを終了することを明らかにしました。

全てのエディションは2025年10月14日まで毎月のセキュリティアップデートリリースでサポートが継続され、Long-Term Servicing Channel(LTSC)版については2025年10月14日以降もアップデートが提供されます。

ただ、今後、「Windows 10」向けに機能更新プログラムが提供されることはない為、「Windows 11」への早めの移行を推奨しています。

また、「Windows 11」のLTSC版は2024年後半に提供する予定であることも明らかにされ、詳細はリリースが近づいたら改めてお知らせするとのこと。

・Windows 11 Enterprise LTSC
・Windows 11 IoT Enterprise LTSC



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • タイトルに”「Windows 11 LTSC」は今年後半に提供予定”とありますが、2024年度後半ではないでしょうか?
    記事本文はそのように書かれています。

    • 仰る通りです。気付いていなかった為、助かりました。有難う御座います。
      早速訂正させて頂きます。

目次