ソニーの新型ワイヤレスイヤホン「WF-C700N」のレンダリング画像や一部仕様が流出 ー 「WF-C500」の後継モデル

この記事にはアフィリエイト広告および広告が含まれています。
ソニーの新型ワイヤレスイヤホン「WF-C700N」のレンダリング画像や一部仕様が流出 ー 「WF-C500」の後継モデル

本日、MySmartPriceが、著名リーカーであるOnLeaks氏の協力を得て、ソニーの新型ワイヤレスイヤホン「WF-C700N」のプレス用レンダリング画像を公開しています。

「WF-C700N」は「WF-C500」の後継モデルで、「WF-C500」と同じくホワイト、グリーン、バイオレット、ブラックといったカラフルなラインナップになり、充電ケースも引き続きカプセル型のデザインを採用するようです。

また、風切り音低減機能付きのデジタルアクティブノイズキャンセリングや独自の高音質技術DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)を搭載し、楽曲をアップスケールし、低音を増強することで、パーソナルなサウンド体験を提供するとのこと。

バッテリー駆動時間は、充電ケースとANC利用時で最大15時間となり、充電ケースはUSB-Cポートを採用しており、ケースの満充電にかかる時間は約90分で、イヤホンは僅か10分の充電で1時間の音楽再生が可能です。

「WF-C700N」の価格は不明ですが、「WF-C500」は11,000円ほどで発売されており、ANCを搭載することから、「WF-C500」よりも少し高くなるものと予想されています。

なお、発売時期についても不明ですが、既にFCC(米連邦通信委員会)の認証も通過していることから、近い将来に発表されるものと予想されます。



googlenewsバナー
記事をシェア!
  • URLをコピーしました!
目次