「iPhone 15」シリーズはベゼル部分が丸みを帯びたデザインに?? ー 「Pro」モデルはベゼルがより狭くなる模様

(画像はiPhone 14 Pro)

過去に正確な情報をリークした実績のあるリーカーのShrimpApplePro氏が、Appleの「iPhone 15」に関する情報をTwitterで公開しました。

同氏によると、「iPhone 15」シリーズは全て「iPhone 14」シリーズと同じディスプレイサイズになる予定だが、「iPhone 15 Pro」シリーズはより狭いベゼルとカーブしたエッジのデザインを採用することになり、ディスプレイは引き続きフラットで、ベゼルのみがカーブしたデザインになるとのこと。

「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」もベゼル部分はカーブしたデザインになるようですが、こちらはベゼルの幅は変わらないようです。

また、「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」にもダイナミックアイランドが採用され、カメラの穴に変更がないことから、「iPhone 14 Pro」シリーズのダイナミックアイランドと同じものが搭載されるものとみられています。

なお、情報筋は、「iPhone 15 Pro Max」の外観は”とても美しい”と述べており、ベゼルを狭くし、エッジをカーブさせることで「Apple Watch」と同じような視覚効果を生み出している可能性があるとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です