Twitterが開発を禁止したサードパーティ製アプリの現状まとめ ー 多数のアプリが開発と提供を終了

今月1月13日より一部のサードパーティ製Twitterクライアントアプリが利用出来なくなり、昨日にTwitterが開発者契約を更新し、サードパーティ製アプリを禁止することを正式に発表しましたが、影響を受けたサードパーティ製アプリは続々と開発終了や配信終了を発表しており、著名アプリ・サービスの現在の状況をまとめてみました。

各アプリ・サービスの状況(2023年1月21日時点)は下記の通りです。

Echofon

1月13日に利用出来なくなったことを案内するツイート以降、今のところ新たな発表はなく、iPhone・iPad・Android版の各アプリは今も提供中。

公式サイト

feather

1月13日以降、使用出来なくなっている有料版は2023年1月23日をもって配信が停止となります。

無料版は今のところまだ利用可能ですが、利用不可能になり次第、配信停止となります。

公式サイト
feather(無料版)- App Store

Fenix

本日未明にiOS版、macOS版、Android版の全てのアプリの提供を終了済み。

『この10年間、これらのアプリに携わることができてとても楽しかったですし、たくさんのメッセージやサポートをいただき、とても感謝しています。』とツイートしています。

公式サイト



Janetter

現時点で無料版はiOS、Androidともに利用可能なものの、今のところ公式からは何も発表はありません。

恐らく、他のまだ利用可能なアプリと同じく、無料版が利用出来なくなった際に配信終了となる可能性が高そうです。

Janetter(iOS)- App Store
Janetter(Android) – Google Play
公式サイト

Hel2um

軽量&カスタマイズできるTwitterクライアントで、今のところまだ利用可能で公式からは何も発表なし。

Hel2um for Twitter – App Store
公式Twitterアカウント

Tabtter

ウェブTwitterクライアントで、1月13日より無料版が利用出来なくなり、無料版のサービスを終了。

有料版は利用可能だったものの、現在、サービス構成やサイトコンセプトを見直している最中のため、新規での利用は停止中。

有料版公式サイト
タブッターBlog

Tweetbot

1月13日よりiOS版・macOS版ともに利用出来なくなっており、本日、サービスを終了することを正式に発表。

App Storeからも削除済みで、今後はMastodonのクライアントアプリ「Ivory」の開発に注力。



TweetDeck

Twitterの公式サービスの為、Webブラウザで引き続き利用可能。

ただ、公式アプリは昨年に提供を終了しており、今後どうなるのかは不透明。過去には有料サービス「Twitter Blue」の一部になるとも報じられています。

TweetDeck

Tweeten

TweetDeckをブラウザから切り出してアプリとして利用するラッパーアプリの為、引き続き利用可能。

アプリとしてはWindows版、Mac版が用意されています。

Tweeten公式サイト

Tween

Windows向けクライアントアプリで、1月13日より利用出来なくなっており、Twitterで「一旦幕引き」と発表されました。

公式サイト

Tweetlogix

iOS/iPadOS向けのクライアントアプリで、1月13日より利用出来なくなり、App Storeでの配信は停止中。

今後の対応などは今のところアナウンスなし。

Tweetlogix公式Twitterアカウント

TwitPane

Android向けクライアントアプリで、無料版・有料版ともに利用出来なくなったことから、開発は一旦終了に。

Twitterに抗議するオンライン署名が行われていることも案内しています。

公式Twitterアカウント



Twitterrific

iOS/macOS向けクライアントアプリで、App Storeのオープン当初から提供されていたアプリの1つ。Twitterの投稿を”ツイート”と呼ぶようになったことや、青い鳥もこのアプリから影響を受けたもの。

1月13日以降利用出来なくなっており、開発終了を発表済みで、App Storeでの提供も終了しています。

公式発表

ツイタマ

Android向けクライアントアプリで、通常版・有料版ともに1月13日より利用不可となっており、Google Playストアでの配信を終了しています。

また、Windows・macOS向けのPC版もありましたが、こちらも同様に公開を終了しています。アプリ自体は引き続き利用可能なものの、ストリーミング等の重要な機能のいくつかが利用出来なくなったので注意が必要です。

公式サイト
ツイタマ for Android の公開終了について – 公式ブログ

夜フクロウ

国産のmacOS向けのクライアントアプリで、1月13日以降利用出来なくなっているものの、現時点ではまだApp Storeでは配信中。

長らく開発も止まっている為、公式からは今のところ案内はないですが、恐らく、他のアプリ同様に配信終了となる可能性が高そうです。

夜フクロウ – App Store
公式サイト
公式Twitterアカウント

Togetter

Togetterは誰でも自由にツイートをまとめることが出来るサービスで、シンプルなツイートまとめサービス「min.t」と共にTwitterの開発者契約の変更には該当しない為、今のところ問題はないとのこと。

また、同社はTwitterオフィシャルパートナーである株式会社NTTデータと契約し、商用利用可能なAPIを使っており、公式に認証されていることも案内しています。

Twitter、サードパーティ製アプリを禁止することを正式に発表

6 COMMENTS

匿名

夜フクロウはずいぶんバージョンアップされてなかったから…
イーロンがTwitter社のCEOの座から追い出されたら一気に状況は変わるのだろうか?
個人的にはその可能性は結構あると思う。

返信する
匿名

あの使いづら過ぎる公式UIから逃げ延びる手段があったからこそ使われてたサービスなのに、これじゃあ本当に終わり。

返信する
匿名

イーロン辞めるって言ってるけど、赤字垂れ流しの企業に6兆円肩替わりして引き継ぐ人なんて居るのかな。

返信する
匿名

居ないの分かってて皮肉で言ってるんだよ
後任立てた所で所有会社のままなら結局イーロンの支配下だし

返信する
メン

6兆円なんて彼らの資金で簡単に救えるはずだけどね
全部わざと

世界の多様性と自由を全て管理下に置いて統一したい人の策だよ
コロナ対策とやらも似たようなもんだと気づいて欲しいところ

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です