Apple、一部の小売チャネルで従業員を削減か

ここ数日でMicrosoftとGoogle(Alphabet)が従業員の人員削減を立て続けに発表し、Meta(Facebook)やAmazonも人員削減を実施しており、長引く需要低迷に備える中で、大手IT企業による規模縮小の動きが広がっているのですが、Appleも一部の小売チャネルで従業員の削減を開始したようです。

Apple Insdierによると、AppleがApple Store以外の小売チャネルで季節労働者以外の従業員のレイオフを開始したとのメールを受け取ったようで、その後、他の情報源を通じて検証した結果、Best Buyのような店舗で働く一部のAppleの小売チャネルの従業員はレイオフに関する30日前の予告通知を受け取っていることを確認したとのこと。

Best BuyとAppleは、繁忙期に対処するために季節労働者を雇用するが、それら従業員との契約期間は既に切れており、今回のレイオフは季節労働者ではないことが確認されています。

今回のレイオフが従業員の何%が影響を受けるかは不明ですが、複数の情報筋から情報を得ることが出来るほど、対象の人数は多いとみられています。

他にも、今週末にリテールカスタマーケアの従業員にもレイオフが通知されるとの情報があるものの、こちらについてはまだ確認が取れていないようです。

Googleの親会社Alphabet、約1万2,000人の人員削減を発表 米Microsoft、1万人の人員削減を発表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。