現時点で分かっているM2 Pro/M2 Maxチップの各種ベンチマークデータのまとめ

先日、AppleがM2/M2 Pro/M2 Maxチップを搭載した新型「MacBook Pro 14/16インチ」と新型「Mac mini」を発表しましたが、GeekBenchに各チップを搭載した新型Macのベンチマークデータが複数投稿されており、現時点で確認出来ているデータを全てまとめてみました。

記事公開時点で確認出来ているベンチマークデータは下記画像の通りですが、現状では機種IDからモデルと特定するのは難しいです。参考までに、発売済みのM2チップ搭載モデルの機種IDは「MacBook Pro (13-inch, 2022)」がMac14,7で、「MacBook Air (2022)」がMac14,1 / Mac14,2となっています。

また、M2 Maxチップは動作周波数が3.49GHz前後と3.68GHz前後のものがあるにも関わらず、動作周波数の数値が大きく影響を受けるシングルコアのスコアが大幅に異なっている訳ではない為、GeekBench側が未対応なことが影響し、正しくないデータとなっている可能性もあるので、あくまで参考と考えておいた方が良さそうです。

(クリック/タップにて拡大)

ベンチマークスコアの比較

現状で確認出来ているスコアの平均値を元にM1チップシリーズとの比較をまとめてみました。

CPU性能のベンチマーク結果(GeekBench)

(括弧内はCPUコア数)

CPU性能に関してはコア数に比例して順当に上がっていますが、M2 Proチップの10コアモデルのマルチコアスコアがM1 Proの10コアモデルよりも低くなっており、もしかしたらGeekBenchが未対応なことが影響している可能性があります。

  シングルコア マルチコア
M2 Max(12コア) 1956 15212
M2 Pro(12コア) 1958 14943
M2 Pro(10コア) 1925 11942
M2(8コア) 1953 9016
M1 Ultra(20コア) 1754 23326
M1 Max(10コア) 1756 12336
M1 Pro(10コア) 1742 12140
M1 Pro(8コア) 1731 9543
M1(8コア) 1705 7382

GPU性能のベンチマーク結果(GeekBench)

GPU性能に関しては、M2 Maxの最上位モデルはM1 Ultraの48コアGPUモデルに肉薄するスコアとなっているものの、M1 Ultraの64コアGPUモデルには及ばない結果となっており、現状ではGPU性能が欲しい場合は「Mac Studio」の上位モデルを購入した方が良いことになります。

  OpenCL Metal
M2 Max
12コアCPU/38コアGPU
73004 85107
M2 Max
12コアCPU/30コアGPU
M2 Pro
12コアCPU/19コアGPU
44845 52574
M2 Pro
10コアCPU/16コアGPU
40320
M2
8コアCPU/10コアGPU
27906 30573
M1 Ultra
20コアCPU/64コアGPU
85800 103162
M1 Ultra
20コアCPU/48コアGPU
77164 88392
M1 Max
10コアCPU/32コアGPU
60167 68870
M1 Max
10コアCPU/24コアGPU
52276 51287
M1 Pro
10コアCPU/16コアGPU
38359 41914
M1 Pro
8コアCPU/14コアGPU
34155 39333
M1
8コアCPU/8コアGPU
19000 21000

Apple公式サイト
Mac mini
MacBook Pro 16インチ
MacBook Pro 14インチ

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です