3nmプロセス採用のM3チップを搭載した新型「MacBook Air」は今年後半に発売か

MacRumorsによると、台湾のDigiTimesが、業界関係者の話として、Appleは2023年後半に新型「MacBook Air」の発売を予定していると報じていることが分かりました。

また、その新型「MacBook Air」には、3nmプロセスを採用したチップを搭載する可能性があるとのこと。

現行モデルに搭載されているM2チップは5nmプロセスで製造されており、この3nmチップはM3チップである可能性が高く、より高速なパフォーマンスと電力効率の向上が見込まれます。

それ以上の詳細は触れられていませんが、「MacBook Air」は昨年にデザインが刷新された為、M3チップを搭載した新モデルは恐らく内部仕様のみのアップデートに留まるものと予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です