「HomePod mini」、内部に隠されていた温度・湿度センサーが利用可能に − 今春にはサウンド認識にも対応

本日、Appleが「HomePod(第2世代)」を発表し、同製品には温度と湿度センサーが新たに搭載されているのですが、「HomePod mini」でも温度と湿度センサーが利用可能になったことが分かりました。

「HomePod mini」は、過去の分解レポートで温度と湿度センサーを搭載しているものの、無効化されていることが明らかになっていましたが、Appleが「HomePod(第2世代)」の発表と同時に「HomePod mini」の公式サイトを更新し、「HomePod mini」に温度と湿度センサーを搭載していることを正式に案内しています。

なお、実際に利用可能になるにはソフトウェアアップデートが必要で、来週の「iOS 16.3」などのリリースと同時にソフトウェアアップデートがリリースされるものと予想されています。

また、火災報知器などの警報音を検知してiPhoneに通知するサウンド認識機能にも対応することも明らかにしており、同機能は今春にリリース予定のソフトウェアアップデートで利用可能になる予定です。

HomePod mini – Apple

[via 9To5Mac

「HomePod mini」には温度と湿度のセンサーが隠されていたことが明らかに Apple、「HomePod (第2世代)」を発表 − 温度・湿度センサーを新たに搭載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。