Twitter、一部のサードパーティ製アプリをブロックしていることを正式に認める

1月13日より一部のサードパーティ製Twitterクライアントアプリが利用出来なくなっているものの、Twitterからは何の発表もありませんでしたが、本日、Twitterが、一部のサードパーティ製アプリを意図的にブロックしていることを認めました。

これは、本日、Twitter Devの公式アカウントが明らかにしたもので、「長年施行しているAPIルールを徹底しており、その結果、一部のアプリが動作しなくなる可能性があります」と述べており、一部のサードパーティ製アプリがAPIルールに違反していることを示唆しました。

ただ、ブロックされたTwitterクライアントアプリがどのAPIルールに違反しているのかは引き続き明らかにされていないようで、人気アプリのTweetbotは、「10年以上の歴史があり、我々は常にTwitter APIのルールを遵守してきました。もし、我々が遵守しなければならない既存のルールがあるのなら、可能であれば喜んで遵守します。しかし、それが何であるかを知る必要があります」とツイートしています。

この不誠実な対応に対し、開発者やメディアなどからTwitterを批判する声が多数挙がっているが、現時点ではTwitter側からの説明が何もない為、ブロックされたアプリが今後復活出来る道が残されているのかは不明です。

Twitterのサードパーティ製アプリが利用出来ない問題、”意図的”な締め出しであることが明らかに

9 COMMENTS

匿名

これが確定なら嫌な人はMastodonでもどこでも移行するしかないね
俺は何の影響もないから使い続けるわ

返信する
匿名

不誠実&杜撰
やるなら前もって知らせるべきだし、ルールに抵触してるなら開発者にどういう点がルール違反か知らせるべき
イーロンになってからも大してTwitter良くなってる感じしない

返信する
匿名

マスク体制になる前、リロード制限か何かで仕様を開発者コミュニティに予告なく変更した際
「これからは変更を加える際にはあらかじめ通知する」って言ってたんだよな。

だから今回は「実はずっと前からそうだった。お前たちが守っていなかっただけ」
で押し通すしかなくなったと

返信する
匿名

それ言い出した人がイーロン指名で身売りしたんだから、この結果は十分予想できた。
彼のやり方は周知のとおりだし個人的には不誠実とは思わないけどね。

返信する
匿名

それでも事前アナウンスはあるに越したことはないでしょ。
ただ、マスク体制になってからアナウンス無しが当たり前になってたのも事実。
べき論で語るならサードパーティ側が「我々はいつ切られてもおかしく無い状況だ」とユーザーに伝えておくべきだったかもね。
彼らは絶対分かってた筈だし。

返信する
匿名

API売るより抱え込んだ方が儲かるって事?
1人当たり月10ドルとかにすれば利益出そうだけどなあ

返信する
匿名

新しいAPIルールのリーク見たけど、この程度なら遮断する必要なかったと思う
半年間経たない内に変わってそうだけど

返信する
匿名

単なる嫌がらせに過ぎないのがほんと腹立つ
広告見せたいならそういう仕様変更を予告して
サードパーティにも協力(強制的だとしても)を仰いでやればいいだけの話なのに

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です